太陽光発電事業にパナソニックが参入

パナソニックグループ3社(パナソニック、パナソニック電工、三洋電機)が共同で、

太陽電池事業への本格参入を2010年5月31日発表しました。

 発表の中心は三洋電機とのコラボレーション商品となる

「住宅用太陽光発電システムHIT215シリーズ」でありまいた。


7月1日に発売するこの新商品について、パナソニックの坂本俊弘副社長は「太陽光発電システムは、パナソニックグループの重点6事業のフラッグシップであるエナジーシステムの中核となる技術。これまで他社製品に頼らざるをえなかったが、これで基本となる最後のピースをはめ込んだ形になる」と発表した。